自民党神奈川県連は28日の総務会で、緊急事態宣言中に東京・銀座のクラブを訪れたことが発覚し、昨年2月に離党した松本純・元国家公安委員長の復党を了承した。
 松本氏は昨年10月の衆院選に神奈川1区から無所属で出馬したが落選。党本部は翌11月に復党を認めると決定した。しかし、県連が「地元無視の対応だ」と反発したため、松本氏が改めて横浜市連を通じて入党届を提出していた。 (C)時事通信社