新生銀行が28日発表した2021年4~12月期連結決算は、純利益が前年同期比43.2%増の374億8100万円となった。個人向け資産運用商品の販売収益が増えたほか、新型コロナウイルス禍による貸出先の業績悪化に歯止めがかかり貸し倒れに備えた与信費用が減少した。 (C)時事通信社