厚生労働省は28日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者について、最短6日目で解除していた「エッセンシャルワーカー」の待機期間を、検査で陰性を確認すれば5日目に短縮できると発表した。それ以外の人については、これまでの10日間から7日間に緩和することを正式決定した。
 医療や介護、保育など社会機能を支えるエッセンシャルワーカーは、PCR検査などで陰性を確認すれば最短6日目で待機が解除されていた。ただ、感染拡大による濃厚接触者の急増から、一部地域では社会活動の維持が難しくなっており、さらなる短縮を決めた。
 厚労省によると、待機期間の4、5日目に抗原検査キットで検査し、2回とも陰性が確認できれば自治体の判断で出勤できるようになる。無症状の人に限る。
 エッセンシャルワーカー以外の濃厚接触者に定められる待機期間は、これまでの10日間から7日間に短縮した。ただ、10日間は検温などで健康状態を確認するよう求める。 (C)時事通信社