自動車大手が28日発表した2021年の国内生産台数は、8社合計で前年比4.2%減の739万台(1万台未満切り捨て)と3年連続のマイナスだった。半導体不足の長期化と、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う東南アジアからの部品調達難が響き、コロナ禍で工場の操業停止が相次いだ前年をさらに下回った。 (C)時事通信社