全国の酪農団体などでつくるJミルク(東京)は28日、2022年度の全国生乳生産量が前年度比0.8%増の771万トンになるとの見通しを発表した。増産は4年連続。新型コロナウイルス感染拡大で消費が低迷すれば、年末年始に高まった大量廃棄リスクが再燃しかねず、関係者からは先行きを懸念する声が上がっている。 (C)時事通信社