卓球の全日本選手権の主催者は29日、女子で東京五輪代表の平野美宇(日本生命)と、男子の大島祐哉(木下グループ)が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したため、それぞれ同日のダブルス準決勝を棄権したと発表した。
 発表によると、平野は28日夜に37.5度を超える発熱があり、29日になっても熱が引かなかったため、自主的に抗原検査を受けた。平野と石川佳純(全農)、大島と田添健汰(木下グループ)の4選手は、ダブルスだけ勝ち残っていた。
 今大会は新型コロナ感染拡大の影響などもあり、既に155件の棄権の届け出があった。 (C)時事通信社