防衛省は29日、海底火山の噴火で被災した南太平洋の島国トンガの支援活動を再開したと発表した。派遣された航空自衛隊員の新型コロナウイルス感染で中断していたが、追加派遣の隊員が缶詰約4トンと飲料水約2トンを空輸した。 (C)時事通信社