福岡県糸島市は30日、新型コロナウイルスの抗原検査で、月形祐二市長(63)の陽性が判明したと発表した。市長は熱があったため、同日、市内の病院で検査を受けた。31日にPCR検査を受ける予定だ。
 市によると、市職員には濃厚接触者はいないとみられる。県糸島保健福祉事務所が他に濃厚接触者がいないか確認を進める予定という。
 月形氏は30日投開票の市長選で3選された。 (C)時事通信社