松野博一官房長官は31日の記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大を受けた在日米軍の外出制限が同日朝で終了したことに関し、「引き続き米側と緊密に連携し、(米軍)施設・区域内外での感染防止対策の徹底に取り組んでいく」と強調した。その上で、日米合同委員会が新設した「検疫・保健分科委員会」で、具体策を検討する考えを示した。 (C)時事通信社