岸田文雄首相は31日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」対応をめぐり、東京都に緊急事態宣言を発令する可能性について「少なくとも現時点において国としては検討していない」と述べた。都内で記者団の質問に答えた。
 首相は、都が宣言要請を検討する基準の病床使用率50%に近づいていることに関し、「重症の病床ということで言うならば、昨年8月はもう満杯状態だったが、今年は37.6%にとどまっている」と指摘。重症者の割合を重視する考えを示した。 (C)時事通信社