衆院予算委員会は31日、岸田文雄首相と関係閣僚が出席して集中審議を行った。新型コロナウイルスワクチンの3回目接種をめぐり、首相は自衛隊による大規模接種会場の態勢拡充を検討する意向を示した。
 立憲民主党の江田憲司氏は、同日運営を再開した東京会場の予約枠が、受け付け開始直後に埋まったと指摘。首相は「要望があれば当然応えていかなければいけない。拡充していくことを考えていきたい」と応じた。
 遅れが指摘される3回目接種を加速するため、国民に対して「接種券を持っているのであればどんどん打ってもらうことを要請していく」と述べた。
 国土交通省の「建設工事受注動態統計」書き換え問題について、首相は「再発防止やデジタル化などを実行に移し、政府統計に対する信頼回復に全力で取り組む」と表明した。公明党の伊藤渉氏への答弁。 (C)時事通信社