塩野義製薬=2021年4~12月期の連結決算は減収減益。新型コロナウイルスの治療薬やワクチンの研究開発費などが増加し、営業利益は前年同期比42.5%減となった。開発費は、国と調整中の助成金も含めて計上しているという。 
 売上高は前年同期比約2%の減収。輸出や製造受託などによる売上収益は増加したものの、ロイヤルティー収入は減少した
 通期の連結業績見通しに変更はない。(C)時事通信社