【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業モデルナは31日、同社の新型コロナウイルスワクチンが米食品医薬品局(FDA)から正式承認されたと発表した。コロナワクチンの米国での正式承認は、ファイザー製に続く2例目となる。
 モデルナ製はこれまで、緊急使用許可に基づいて投与されていたが、有効性や安全性に関するより長期的なデータに基づき、FDAが正式承認した。承認後の使用対象も、緊急使用許可の際と同じ18歳以上となる。ファイザー製は、2021年8月に正式承認された。 (C)時事通信社