政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長は1日の衆院予算委員会で、緊急事態宣言を発令する場合のタイミングについて「まん延防止等重点措置の効果を見つつ、医療機能の不全が発生する前に宣言を出すオプションもあり得る」と述べた。立憲民主党の柚木道義氏への答弁。
 尾身氏は、病床使用率だけでなく、「入院者の重篤度も考慮し、総合的に判断する必要がある」とも語った。
 宣言の内容については「飲食店だけの対策ではもう効果がない」と指摘。「重症者や子どもにどう対応するのか、社会機能をどう維持するのか、こういう問題を明確にした上での対策が求められている」と強調した。 (C)時事通信社