経済同友会の桜田謙悟代表幹事は1日の定例記者会見で、新型コロナウイルス感染急拡大に伴い東京都が緊急事態宣言の要請を検討する病床使用率の基準を50%としていることに関し「真に入院が必要な方々に厳選すべきだ」と指摘した。宣言発令には「現時点ではそれをやってしまうことにより、経済を殺し締め付けてしまうリスクの方がずっと怖い」と、反対の立場を示した。
 桜田氏は、宣言による経済悪化で失業者が増えることなどを念頭に「(感染症対策と)どちらも命が懸かっているということを、ぜひ政府や国民には理解してもらいたい」と強調した。
 コロナの検査キット不足に対しては「今になってキットが足りないというのはお粗末」と批判。ワクチンについても「数や場所、いつまでにどれくらい配れるか分からないのが、国民がフラストレーション(不満)をためている最大の理由だ」との見方を示した。 (C)時事通信社