岸田文雄首相は1日、新型コロナウイルス対策をめぐり、全国知事会の平井伸治会長(鳥取県知事)らとテレビ会議を開いた。平井氏は、変異株「オミクロン株」の流行に伴って感染が拡大している学校や保育所などへの対応を要請。首相は「オミクロン株の特性を踏まえた感染対策へと、さらに改善を検討したい」と応じた。
 一方、首相は「各知事の協力を頂きながら、ワクチンの3回目接種の加速やさらなる医療体制の強化に取り組む必要がある」と強調。追加接種の推進や在宅療養者への対応強化を知事会に求めた。 (C)時事通信社