三越伊勢丹ホールディングスが1日発表した2021年4~12月期の連結決算は、純損益が9億2300万円の黒字(前年同期は347億5900万円の赤字)に転換した。緊急事態宣言などが昨年9月末に全面解除されて客足が徐々に戻り、宝飾品や時計などの高額品の売れ行きが回復した。 (C)時事通信社