【北京時事】オーストリア・スキー連盟は1日、ノルディックスキー・ジャンプ女子で北京五輪代表に決まっていたマリタ・クラマーが、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したため大会に出場できなくなったと発表した。20歳のクラマーは今季のワールドカップ(W杯)で総合首位を走っており、初出場となる五輪で金メダルの有力候補だった。
 クラマーは先月29日の検査で陽性となり、30日以降の追加検査で陰性の結果を得ることで出場を目指していた。自身のインスタグラムに「取るべき対策は全て取っていた。言葉がない。夢が1日で消え去ってしまったような気持ち」と記した。
 日本の高梨沙羅(クラレ)らが出場する五輪のジャンプ女子は5日に行われる。 (C)時事通信社