【ビジネスワイヤ】再生医療バイオテクノロジー企業の米モルフォシューティカルズは、アフリカツメガエルの後肢再生に成功したと発表した。この研究に成功したのは、共同創設者でタフツ大学教授のグループ。成体のアフリカツメガエルに多剤併用カクテル療法を24時間にわたり適用したところ、後肢の再生、組織の再パターン形成、機能回復の長期効果が見られた。今後、これらを哺乳類で実現することが課題となる。結果はサイエンス・アドバンシズ誌に掲載された。(C)時事通信社