防衛省は2日、自衛隊が運営する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種について、当初2160人としていた東京会場の1日当たりの接種人数を、最大5040人に拡大すると発表した。8日以降の接種枠を増やし、追加分の予約を4日午後6時から受け付ける。
 接種枠は8日から4080人、10日以降は5040人とし、当初の予定から倍増する。過去2回の予約は開始15分以内で埋まり、岸田文雄首相が拡大の意向を示していた。 (C)時事通信社