【ニューヨーク時事】米国オリンピック・パラリンピック委員会(USOPC)は2日、北京冬季五輪開会式の旗手に決まっていたボブスレー女子のエラナ・マイヤーズテーラーが新型コロナウイルス検査で陽性となったため、スピードスケート女子のブリタニー・ボウが代理を務めると発表した。
 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、マイヤーズテーラーは北京到着直後に陽性が判明し、隔離された。無症状で、感染対策規定の条件を満たせば、13日からの競技には出場できる見通し。 (C)時事通信社