自民党の新型コロナウイルスに関するワクチン対策プロジェクトチームは3日、高齢者や医療従事者らに奨励している3回目接種について、2回接種後6カ月を経過していない若年層も可能とするよう政府に求める提言をまとめた。
 これに関し、同党の高市早苗政調会長は衆院議員会館で記者団に「前倒しできるところは前倒ししてもらうべきだ」と強調した。
 提言では、新規感染者数について「2月中にピークアウトする可能性が高い」との認識を示し、感染拡大が落ち着いた後の接種は政策的な意義が薄れると指摘。「2月中にできる限り接種を進めるべきだ」としている。
 一方、12歳未満の接種に関しては、副反応などを考慮し「関連する学術団体に意見を求め、接種の在り方を定めるべきだ」と明記。希望者には確実に機会を提供することも促している。 (C)時事通信社