北京五輪の日本選手団が3日、北京市内で記者会見し、新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したスキー競技の選手が、その後の検査で陰性判定を受けたことを明らかにした。
 選手は隔離ホテルで2回の検査を受けて陰性が確認され、すでに選手村に戻った。今後は濃厚接触者としての扱いを受け、練習も試合も参加できる見通し。
 土肥美智子コロナ対策責任者は「オミクロン株は潜伏期間が短くて無症状も多い。どこでかかったのか、なかなか難しい。どこの場面でも感染する可能性がある」と指摘。原田雅彦総監督も「あすはわが身なので、選手たちも気を付けている」と話した。 (時事)
(C)時事通信社