大阪市は3日、新型コロナウイルスの感染者データを管理する国の情報システム「ハーシス」への入力が遅れ、1月26日~2月2日の新規感染者計約1万2700人分が集計に反映されていなかったと発表した。保健所の業務逼迫(ひっぱく)に加え、ハーシスの不具合が要因という。 (C)時事通信社