任天堂は3日、家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の累計販売台数が1億台を突破し、1億354万台に達したと発表した。2017年3月の発売以来好調を維持し、新型コロナウイルス感染拡大に伴う「巣ごもり需要」も取り込んだ。ただ、世界的な半導体不足の影響で減産が続いており、今年度販売計画は従来見通しから100万台少ない2300万台へ下方修正した。
 スイッチの販売計画は昨年11月、半導体不足による部品調達難で2550万台から150万台引き下げていたが、さらに見直しを迫られた形だ。
 オンラインで記者会見した古川俊太郎社長はスイッチについて「昨年のホリデー(クリスマス)商戦も高い水準で推移した」と指摘。発売から6年目となるのを念頭に、「通常は徐々に勢いが落ちていくが、このライフサイクルを打ち破りたい」と述べた。累計販売台数はゲーム機「Wii(ウィー)」(1億163万台)を超えた。 (C)時事通信社