【ロンドン時事】英ジョンソン政権のローゼンフィールド首席補佐官ら首相の側近4人が3日、相次ぎ辞任した。首相官邸などで新型コロナウイルス対策の規則違反が疑われるパーティーが繰り返されていた問題に関連した動きとみられる。
 辞任したのはローゼンフィールド氏の他に、レイノルズ秘書官、ドイル広報局長、ミルザ政策担当補佐官。ミルザ氏を除く3人は問題のパーティーに参加したり、スタッフに招待状を送ったりするなどしたとされる。ミルザ氏はパーティー問題に絡んだジョンソン氏の議会での発言に抗議し、辞任を申し出た。 (C)時事通信社