後藤茂之厚生労働相は4日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染が保育所などで急拡大していることを受け、子どものマスク着用推奨について「前向きに進めていくべきだ」と述べ、検討する考えを示した。
 厚労省は現在、窒息などのリスクが高まるとして、2歳未満にはマスク着用を推奨せず、2歳以上についても、着用が難しければ無理せず外すよう求めている。ただ、後藤氏は会見で「感染の主流は高齢者と子どもに移ってきていて、そこを中心に次の感染が広がる起点にもなりかねない」として、感染対策の必要性を強調した。 (C)時事通信社