新型コロナウイルスの感染者は4日、国内で新たに9万8374人が確認され、1日当たりの新規感染者が3日連続で9万人を上回った。
 厚生労働省によると、3日時点の重症者は前日比131人増の1042人で、約4カ月ぶりに1000人を超えた。昨年9月3日時点で2223人に達した後は減少し、今年の年初は50人台で推移していた。変異株「オミクロン株」の流行に伴って急増し、専門家らが強い警戒感を示している。
 死者は北海道16人、愛知県13人、東京都8人など全国で103人が確認された。死者が100人を上回るのは昨年6月3日以来。
 全国の自宅療養者は2日時点で、過去最多の43万4890人に上り、前週(1月26日)から約17万人増えた。
 東京都の新規感染者は1万9798人。新規感染者は3日ぶりに2万人を下回ったが、前週金曜日と比べ2167人増えた。都基準の重症者は前日比3人増の41人だった。
 大阪府は、集計が遅れていた大阪市の2921人分を含め、新たに1万3561人の感染が判明したと発表した。 (C)時事通信社