衆院予算委員会は4日、2022年度予算案に関する意見を聴くため、有識者を招いて参考人質疑を行った。国立感染症研究所の脇田隆字所長は、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染動向に関し、「流行のピークを越えても高齢者の感染がしばらく続く」との見通しを示した。その上で、高齢者を中心に3回目のワクチン接種を加速するよう求めた。 (C)時事通信社