政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は4日の記者会見で、新型コロナの特徴について「インフルエンザウイルスとの最大の違いの一つは、変異がまだ進行中ということだ」と指摘した。両ウイルスの差異は同日の分科会でも議論になったという。
 尾身氏は「インフルエンザはウイルスとして比較的安定しており、ワクチンをちょっと変えれば毎年(対処できる)。ところが、コロナはどうなるか分からない。いつピークアウトするのか、なかなか(予測は難しい)」と語った。 (C)時事通信社