【ワシントン時事】米労働省が4日発表した1月の雇用統計(季節調整済み)によると、景気動向を敏感に反映する非農業部門の就業者数は前月比46万7000人増だった。新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大の影響もあり、前月(51万人増、改定)から伸びが鈍化した。ただ、市場予想(15万人増)を大きく上回り、労働市場の堅調ぶりが鮮明となった。失業率は4.0%(前月3.9%)とわずかに悪化した。
 米国では昨年末以降、オミクロン株感染が急拡大し、今年1月に新規感染者数が一時、1日100万人を突破。市場では雇用が前月から減少に転じるとの観測もあったが、娯楽・接客業が前月比15万1000人増となるなど、コロナ感染拡大の影響を受けたサービス業の雇用が底堅さを保った。 (C)時事通信社