千葉県成田市消防本部は4日、心肺停止状態の70代女性を搬送する際、自動体外式除細動器(AED)のバッテリー切れで電気ショックを実施できなかったと発表した。女性は搬送先の病院で死亡が確認された。消防は因果関係を調査している。
 消防によると、救急隊は4日午後1時半ごろ、成田市内の女性宅に到着。意識がなくなったため救急車に乗せ、病院に到着するまでの約10分間で電気ショックを実施しようとしたが、AEDが作動しなかった。同日朝に行うはずだった資機材の点検時に救急出動が入り、戻った後も点検を怠ったことが原因としている。 (C)時事通信社