【ソウル時事】韓国保健当局は5日、新型コロナウイルスの新規感染者が初の3万人台となる3万6362人になったと発表した。オミクロン株の流行に旧正月をはさんだ連休(1月29日~2月2日)が重なり、連日過去最多を更新している。
 当局は4日、飲食店の営業時間を午後9時までとするなど現行の防疫措置の2週間延長を決定。ただ、重症化率や死亡率は低く、病床に余裕がある。このため、今後の重症化率などの推移を見ながら、防疫措置を緩和し季節性インフルエンザと同様の対応に転換することを検討する考えも示している。 (C)時事通信社