西武ホールディングス(HD)が保有するホテルなど国内の約30施設をシンガポール政府系投資ファンドのGICに売却する方向で調整していることが5日、分かった。売却額は1500億円規模とみられる。新型コロナウイルス禍で鉄道やホテルの利用が低迷する中、西武HDは財務体質の強化や経営の効率化に向け資産売却を進めている。売却後も運営は続ける。 (C)時事通信社