宮内庁は7日、新型コロナウイルスの感染状況を受けて、23日の天皇誕生日の祝賀行事を縮小すると発表した。昨年と同じく、天皇陛下がお祝いを受けられる「祝賀の儀」だけ行い、宮殿で招待客と昼食を囲む「宴会の儀」と、各国大使らとの「茶会の儀」は取りやめる。 (C)時事通信社