経団連の十倉雅和会長は7日の定例記者会見で、新型コロナウイルス対策について「(コロナ禍は)第6波で終わるかは分からない。ワクチンや検査キットは戦略的な国家備蓄をぜひともお願いしたい」と政府に要望した。また、入国者数を制限する水際対策も「日本の価値を大きく減じている」と指摘、改めて見直しを訴えた。 (C)時事通信社