塩野義製薬の手代木功社長は7日、東京都内で記者会見し、開発中の新型コロナウイルスの経口治療薬について、来週から再来週に承認申請する方針を明らかにした。最終臨床試験(治験)の完了前に実用化を認める「条件付き早期承認制度」を活用したい考えで、手代木社長は供給を始める時期に関し、「何とか2月末から3月頭に開始できないか」と述べた。
 軽症者や中等症患者約400人を対象にした治験は週内に投与を終える見通しで、承認申請までに安全性や有効性を確認する。手代木社長は「現時点で手応えを感じている。(これまでの治験結果を)再確認できれば、速やかに国に申し入れたい」と強調した。 (C)時事通信社