東京都の小池百合子知事は7日、都庁にある新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場で、3回目の接種を受けた。1、2回目は米ファイザー製ワクチンを打ったが、今回は副反応への不安などから敬遠されがちとされる米モデルナ製を接種。交互接種の安全性を自らアピールした。 (C)時事通信社