厚生労働省が8日発表した2021年の毎月勤労統計調査(速報値)によると、基本給や残業代などを合わせた1人当たりの現金給与総額(名目賃金)は、月平均で前年比0.3%増の31万9528円だった。増加は3年ぶり。残業代が増え、新型コロナウイルス感染拡大で11年ぶりの下げ幅を記録した前年よりは持ち直したが、コロナ禍前の19年(32万2552円)の水準には届かなかった。
 名目賃金から物価変動の影響を除いた実質賃金は前年から横ばいだった。 (C)時事通信社