【ニューヨーク時事】米疾病対策センター(CDC)は7日、渡航警戒情報を更新し、日本の新型コロナウイルスの感染状況を最も深刻な「レベル4」に引き上げ、「渡航の回避」を勧告した。
 CNNテレビ(電子版)によると、1月上旬には約80カ国・地域だったレベル4は、感染力の強い変異株「オミクロン株」の流行を受け、約135カ国・地域に増加した。 (C)時事通信社