後藤茂之厚生労働相は8日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルスの影響で全面休園する保育所が増えていることを受け、休園した園の子どもを他の園などで預かる「代替保育」に対し財政支援を行うと発表した。変異株「オミクロン株」の拡大で、園児や職員にコロナ感染者が相次いでおり、新たな対策を講じる必要があると判断した。
 現行では、休園した園の子どもを他の園や公民館などで預かる代替保育を行う場合、通常よりも補助単価が低くなるため、財政支援により補填(ほてん)する。障害児が対象となっている居宅訪問型の一時預かり事業についても、休園した園の子どもが利用できるようにする。 (C)時事通信社