岸田文雄首相は8日、公明党の石井啓一幹事長と首相官邸で会談し、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、1日あたり100万回の早期達成を求める提言を受け取った。首相は「できるだけ早い時期に達成できるよう全力で取り組みたい」と強調した。
 石井氏は、政府が自治体ごとの接種回数の目安を示すよう要請。1、2回目と異なるワクチンを打つ交互接種の有効性と安全性の周知を急ぐべきだと強調した。提言では、国産のワクチンと治療薬の早期確保も求めた。 (C)時事通信社