シマノ=2022年12月期連結業績は売上高、営業利益、純利益がいずれも2期連続で過去最高を更新すると予想。新型コロナウイルス感染拡大を背景とした世界的なサイクリングブームが継続すると見込む。 
 密集を避けることができるレジャー、移動手段として自転車の人気が高まり、同社の自転車部品事業は欧州や北米市場を中心に、さらなる拡大が見込めるという。電話会見した島野泰三社長は、すでに多くの受注を得ているとして、「いかにわれわれが予定通り生産できるかだ」と語った。
 21年12月期連結決算は売上高、各利益ともに過去最高を更新。欧州、北米で自転車部品の店頭販売が好調だったほか、釣り具事業も屋外レジャーへの人気が続き、増収だった。(C)時事通信社