内閣府が8日発表した1月の景気ウオッチャー調査によると、街角の景況感を示す現状判断指数(季節調整値)は前月比19.6ポイント低下の37.9と5カ月ぶりに悪化した。下げ幅は比較可能な2002年1月以降で東日本大震災のあった11年3月(25.2ポイント低下)に次ぐ、過去2番目の大きさ。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染急拡大、原材料高騰などが響いた。
 基調判断は「持ち直している」から「持ち直しに弱さが見られる」に下方修正した。 (C)時事通信社