【ロンドン時事】西暦793年創業とされ、1200年以上の歴史を持つ英国のパブが経営破綻した。これまで幾多の戦争や伝染病、恐慌などを乗り越えてきたが、新型コロナウイルスの世界的流行で打撃を受け、生き残れなかった。
 このパブは英南部セントオールバンズにある「ジ・オールド・ファイティング・コックス」。店によると、イングランド最古のパブとしてギネス記録に認定された。
 オーナーのクリスト・トファリ氏は4日にフェイスブックで公表した声明で「パブを存続させるためにあらゆる努力を重ねてきたが、この約2年間は飲食・宿泊業にとって未曽有の事態であり、懸命な努力もむなしく敗北した」と悲しみをつづった。高額の税金などで以前から苦境にあったが、コロナ禍で壊滅的な打撃を受けたという。
 現在は支援企業の下で経営再建を目指している。パブのフェイスブックには、地元住民だけでなく、世界中から悲しみや励ましのメッセージが寄せられている。 (C)時事通信社