グローバルダイニング=2022年12月期の連結業績予想は減収減益。オミクロン株の感染拡大によるまん延防止等重点措置の発令で、足元の売り上げが落ちていることに加え、訪日外国人の需要回復が見込めないため。 
 長谷川耕造社長は記者会見で「オミクロン株の感染拡大によって、若い人たちが出かける機会が減っている」と話した。
 21年12月期は増収増益。緊急事態宣言などが発令された際も、一部店舗を除いて酒類提供する通常営業を継続し、来店客数が増加した。米国事業もマーケティング施策が奏功し大幅な増収となった。(C)時事通信社