大手石油元売り3社の2021年4~12月期決算が10日、出そろった。各社とも、新型コロナウイルス感染拡大による原油価格の大幅な下落で業績が悪化した前年同期から急回復。原油や資源価格の高騰が追い風となって在庫の価値が上昇し、在庫評価益が利益を押し上げた。
 純利益は、ENEOSホールディングス(HD)が前年同期の約5倍の3318億円、コスモエネルギーホールディングス(HD)も4.8倍の799億円と大幅増益。前年同期に純損失を計上した出光興産も「原油や資源価格の値上がりで大幅な増益になった」(経理財務部長)といい、純利益が1999億円と黒字転換を果たした。
 ただ、電動車の普及などでガソリンをはじめとする燃料油の需要は減少しつつあり、各社とも石油依存の事業形態からの脱却が課題となる。 (C)時事通信社