岸田文雄首相は12日、外国人の新規入国の原則停止を柱とする新型コロナウイルス感染拡大防止のための水際対策について「緩和の方向で検討していきたい」と明言した。政府は現行対策の期限となる2月末に合わせて緩和したい考えで、ビジネス関係者や留学生を対象に緩和を先行させる案が出ている。 (C)時事通信社