岸田文雄首相は12日、新型コロナウイルスワクチンの3回目接種をめぐり、14日から職域接種が本格化するのを前に、羽田空港で試行的に始まった全日本空輸と日本航空の接種会場を視察した。この後、首相は「BCP(事業継続計画)の観点からも、今後、職域接種が本格稼働していくことを期待している」と記者団に語った。
 首相は視察の際、接種担当者に「(1、2回目を打った)昨年との違いは感じるか」などと質問。担当者から「もう3回目なので慣れている。準備も非常に早く進められた」などと説明を受けた。 (C)時事通信社