政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は14日の衆院予算委員会で、国内の感染状況に関し、「仮にピークアウトしても、重症者数の増加はしばらく続くのではないか」との見通しを示した。立憲民主党の源馬謙太郎氏への答弁。
 尾身氏は、高齢者施設でのクラスター(感染者集団)発生を踏まえ、死亡事例が今後増えることを懸念。その一方で「多くの都道府県で少しずつ感染(増加)が鈍化し、一部の県では下がっているという大きな傾向がある」とも指摘した。 (C)時事通信社